クラブ代表の自己紹介

クラブ代表自己紹介

名前:マイアファン


住んでいるところ:茨城県


私のレオーネ:


・平成4年式 スバル レオーネ1600マイア2 (型式E-AA2 FF 3AT仕様)
・昭和55年式 スバルレオーネ1800GTS (型式E-AB4 FF 5MT仕様)
・昭和53年式 スバルレオーネ1600 GL(型式E-A33 FF 4MT仕様)

所有年数 :平成10年~現在(免許を取って最初に買った車がレオーネです)


日常の整備 今まで致命的なトラブルはなし。12ヶ月点検・車検・消耗品の交換は茨城スバル自動車(株)石岡店で。マニアックな要望にも応えてくれ、いろいろとお世話になってます。

今まで苦労した点:


ノートラブルのため機械的苦労はありませんが、レオーネを購入する時が一番の苦労。平成10年に購入しましたが、半年間全国のオークションで探して、やっと静岡県で発見!平成3,4年の白のマイアかマイア2という無謀に厳しい条件のため、結構苦労しました。

 H4年式 スバルレオーネ マイア2 (AA2) ≫

S__63373319

スバルの乗用車の源流 スバル1000から始まる質実剛健セダン。インプレッサへの切り替えを半年後に控えた時期の最末期モデルです。

魅力は、独特のエンジン音と実用重視の扱いやすいセッティング。いつまでも乗っていたいと思わせる車です。また、直線基調のスッキリしたボディが気に入っています。発売当時は周囲の車も直線基調ですが、現在では逆に目立ちます。私が一番大事にしている「大きな宝物」です。

 S55年式 スバルレオーネ GTS(AB4)  ≫

スバルレオーネクラブ会長車2

AB系レオーネの最高グレード車。開放的な内装とメッキの使い方が秀逸な外装。1800CCエンジンが余裕を感じさせるドライバーズセダンです。

 S53年式 スバルレオーネ GL(A33) ≫

3e78d37583

SEEC-Tを搭載した初代末期のレオーネ。この個体は、高度成長期・バブル・ワゴンブームなど、幾度の試練を乗り越えてきたのでしょうか。機関良好、感動ものです。

広告